妊娠が発覚すると、ドラマなどではトイレにかけこみ「オエッ」と吐くシーンがよく描かれることもあり、つわりは気持ち悪くなるものらしいというのは多くの人が知るところであります。でもね、吐き気だけじゃないんですよね。この辛さは経験した人にしか分からない。ということで、妊娠が発覚してウキウキしているプレママさんやこれから妊娠中の奥さんを支えるプレパパさんに向けて。

え?つわりってそんなに種類あるの?

まず妊娠して知ったのですが、つわりにはいろいろ種類があるということ。

  • 吐きつわり
  • 食べつわり
  • 眠りつわり
  • 臭いつわり
  • よだれつわり

これだけじゃなく、頭痛や体のだるさが出る場合もあり、これまでとの違いに戸惑うママも多いはず。どれか一つに当てはまる場合もあれば、複合タイプの人もいます。それに、つわりの度合いも人によって違うから、普通に過ごせる人から、まったく食べられなくて入院を余儀なくされる人も

私の場合は、軽い吐きつわりに、眠りつわり臭いつわりに悩まされました。きっと、すごい酷かったら「今日、仕事休みます」って言えたんでしょうが、ぎりぎり働けるくらいのつわり度合いだったんです。二日酔いの気持ち悪さがずっと続いているような感覚で、吐きそうなのに吐けないというストレスフルな感じです。

ご飯も食べれなくはないけど、食べるとなんだか気持ち悪い…

それもあってか、食べるとさっぱりする「トマト」を好んで食べていました。妊娠すると柑橘系のものが食べたくなるイメージが強いかもしれませんが、意外とトマトフライドポテトが無性に食べたくなるという人が多いんですよね。私もつわりが終わってからはポテト系のものも食べたくてしょうがなくなりました。

で、気持ち悪いだけじゃないのがつわりの辛いところなんです。

仕事にならないほど眠い「眠りつわり」

異様な眠気に襲われる眠りつわりってご存知ですか?もう、耐えられないくらい眠くなるんですよ。お酒を飲む人ならわかるかもしれませんが、夜通し飲んでいてお酒が抜けない状態で仕事に行ったとき(注:良い子のみんなは、こんなことしちゃダメだよ)、午後からものすごい睡魔に襲われることってありませんか?もう、どんなに頭を使う仕事をしていても、この眠気には勝てないんです。

仕事をしていなければ、眠気に任せて寝ていたのでしょうが、いかんせん私は働いていたので、私の作るプログラムを待っているお客さんのために、眠くても仕事をせねばなりません。

でも眠い。

じゃあどうするか?トイレに行きます。便器に座って少し寝ます。これほどにも、悲しい気持ちになることはありません。最近トイレでお弁当を食べる高校生がいるらしいけど、こんな気持ちなのかな…とか考えちゃいます。

トイレで休憩したからといって治るかといったらそんなことはなくて、ひどいときはデスクに戻った瞬間にまた眠くなります。

じゃあどうするか?

コンビニに出かけます。外の空気に触れ、少し歩いて眠気を覚まします。そして冷たい炭酸水を買うんです。本当ならコーヒー飲みたいけど、妊婦だからね。カフェインは絶たねばなりません。

炭酸水って、つわりの気持ち悪さもちょっとすっきりするし、眠気も冷めるし妊娠中はかなり飲んでいました。それで眠さは襲ってこなくなるかって?30分もすればまた眠くなります。

最終的には、パソコンに向かいながら白目向いて寝るという醜態をさらすことになります。

パソコンの画面には「じおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」みたいな、おそらく寝落ちた時に押したと思われる文字が並んでいます。

妊婦というと、ハッピーでピンク色なオーラをまとっていそうですが、もはやそれは幻想です。お腹をなでながら、「元気に大きくな~れ」なんて語りかけるのなんて、妊娠中のほんの一コマ。実際は、出産という一大イベントに向けて、変化していく体との壮絶な戦いの日々なのです。

離婚の危機?!旦那のにおいが無理になる

もう1つ困ったつわりが臭いつわり。これ、お米を炊く臭いがダメという人が多いようですが、私の場合は旦那の臭いが気持ち悪くてしょうがなかった。旦那が悪いわけではありません。ホルモンがそうさせるらしいんですよ。それまで気にしたことのない旦那の臭いが、独特の香ばしさを伴って鼻をつくわけです。

まあ、旦那の臭いがダメということは、電車の中の加齢臭なんて耐えられたものではありません。マスク必須です。みなさん、妊婦がマスクしてんのは風邪をひかないためだけではありません。あれは強烈な臭いからわが身を守るための盾でもあります。

妊娠してから旦那のにおいがダメになるという人はとても多くて、悩んでいるママって多いんですよ。私もネットで同じような人がいないか検索して驚きました。こんなにいるんだ…というくらいいます。

だから、同じように悩んでいる妊婦さんは安心してね。あなただけじゃないよ。

でも、これって夫婦にとっちゃ重大問題なわけですよ。我が家の場合、この「旦那のにおいがダメ問題」はつわりが終わってからも続きました。気持ち悪さはなくなったけど、すんごい臭うんですよ。どんなに洗濯しようが、消臭剤使おうが、体を念入りに洗おうが。

「お願い、臭いがダメだから近寄らないで…」

これ言われたらショックですよね。でも、本当のことだし、我慢できないのだから妊婦からしてもどうしようもない。我が家はただでさえデキ婚なのに、一緒に住み初めてすぐにこの問題が勃発して、寝室は別にするというすでに離婚危機的な状態だったわけです。

デキ婚ストーリーはこちらをどうぞ↓

まあ、ドMというか、打たれ強い旦那はそんな私の言い分を聞き入れてくれて、何とかなったわけですが。やはり、臭いが気になってしまう私は旦那が部屋に入ってくると、自然と距離をとるようになってしまい、なんともいえないぎこちなさが漂っていました。

ホルモンは偉大なり

女性は生理前後でもホルモンの影響を受けて、体に変化が起こるものですが、妊娠中はその比ではありません。本当に、話には聞いていたけどこれほどか…ということが次から次へと起こります。なぜなら、妊娠中は体毛がすんごい勢いで濃くなりますし、これまで全くなかったのに妊娠したら急にシミができる。イライラする気持ちや、なぜか涙もろくなったり、自分が自分でないような感情の波に襲われることもあります。

そして、無事につわりを乗り越えても、次に待っているのは抑えられないほどの食欲…。

妊娠、これ修行なり。

どうか、妊娠中の奥さんがいる旦那様は、「奥さんが以前と変わってしまった…」と悲観しないでください。これはホルモンがそうさせているのです。大抵の場合、奥さんの意思はホルモンの前にひれ伏してしまうのです。これも、1つの生命をはぐくむために必要なこと。それだけ、お腹の中に子どもがいるというのは大変なことであるということをご理解いただければ幸いです。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!