格安スマホ・SIM

格安スマホってどこで買うの?今の端末を使う場合とSIMフリースマホを使う場合の違い

更新日:

スマホや携帯の料金を安くできるらしい!ということで格安スマホに興味はあるものの、そもそもどこで買えば格安スマホにできるの?という人のために分かりやすく解説していきます。

まずは格安スマホと格安SIMの違いを知っておこう

「格安」という言葉が付いているので、どちらも同じように思えてしまいますが

  • 格安スマホ
  • 格安SIM

は別もの。

 

SIMフリースマホ + 格安SIM(料金プランがお得) = 格安スマホ

と考えましょう。

格安スマホとは

格安スマホを手に入れる方法は

  1. 今使っているスマホ + 格安SIM(料金プランがお得)
  2. SIMフリースマホ + 格安SIM(料金プランがお得)

の2種類があります。

格安SIMを使うことで利用料金を安くできるのですが、SIMフリースマホには携帯キャリアでは扱っていない低価格な端末があるので、本体価格も抑えて機種変更することができるんです

 

※低価格のSIMフリースマホだけを購入して大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のSIMを入れて使うということもできますが、これは周波数帯を理解していないと難しいです。既に「格安スマホってよく分からない…」という人にはおすすめしません。

 

なんで格安になるのか、まず説明するね。

 

なんで格安SIMを使うと料金が安くなるの?

ざっくり説明すると、

大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は、

  1. 料金設定が高い
  2. 2年しばりがあるのでキャリアを変えにくい
  3. 扱っている端末がすべて高額

なので、1ヶ月の料金が6,000円~1万円と高額になりがち。

 

でも格安SIMなら、

  1. 料金設定が安い
  2. 基本的に契約のしばりは無い
  3. SIMフリー端末なら低価格(1万円以下)のものも選べる

なので、人によっては1ヶ月の料金をいまの半分以下に抑えられる可能性があるんです。

格安スマホ(格安SIM)で家計を節約
格安SIMで携帯代が年間で約17万円の節約に!家にWi-fiがある主婦にこそおすすめな理由

「スマホ代って高いよな~」と思いつつ、手続きが面倒だからといって長いこと高い携帯料金を払い続けていませんか? 我が家もそうでしたが、よくよく考えると、食費と変わらない金額をスマホやインターネットにかけ ...

続きを見る

 

安くなるのは嬉しいけれど、なんでそんな料金設定が可能なんだろう。

それはね、格安SIMを提供するMVNO(※)が大手携帯キャリアの回線を借りているからなんだよ。

※MVNO:携帯キャリアに比べて低価格な料金でモバイル通信サービス(格安SIM)を提供する業者のこと。

こんな風に格安SIMを提供しているMVNOはドコモやau、ソフトバンクの回線を借りているから、設備の維持費がかからないため料金設定を安くできるというわけ。

またMVNOはネットでの手続きが中心で実店舗を持たないため、経費がかからず料金設定を安くできています。

大手携帯キャリアは以下のように色んなところに経費がかかるため、料金設定を高くせざるを得ないということですね。

ただ、裏をかえせば格安SIMには全国展開のショップは無いということになります。これまでショップに行って携帯の端末を選んだり、料金プランを相談していた人からすると、じゃあ格安スマホってどうやって手に入れるの?となりますよね。

 

その方法は主にインターネット上で行うことになります。

ちょっと難しそうに感じてしまいますが、方法さえ分かれば意外と簡単なので見ていきましょう。

 

格安スマホを手に入れる安心な方法2つ

①今使っているスマホで格安SIMを使う方法

今使っている携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入したスマホで格安SIMを使えるようにしたいという場合はそれぞれの回線に対応しているMVNOで自分の端末が使えるかをチェックしましょう。

  • ドコモの人→ ドコモ回線のMVNO
  • auの人→ au回線のMVNO
  • ソフトバンクの人→ ソフトバンクのMVNO

チェックしてみて自分の端末が使える場合は、格安SIMの契約だけすればOKで、端末をセット購入する必要はありません。

 

mineoは大手携帯3キャリアの回線が使えるMVNO

※ソフトバンクは対応しているMVNOがまだ少なく、iPhone、iPadはそのまま使えることが多いですが、Androidは動作確認されているものがほとんどないのが現状です。

 

電話番号をそのまま使う場合はMNPの手続きが必要だよ。

 

自分が使っている端末で動作確認が取れていない場合は、新しいSIMフリースマホを購入して格安SIMを使うのがおすすめです。

 

②SIMフリースマホと格安SIMを組み合わせる

今使っている端末を使わない場合はSIMフリースマホを新しく購入して、格安SIMを入れて使うことになります。

方法は2種類あって

  1. SIMフリースマホと格安SIMをセットで契約する
  2. 自分でSIMフリースマホを買って、格安SIMだけ契約する

というもの。

 

SIMフリースマホと格安SIMのセットがおすすめな人

あまり知識がなくて不安…という人は、SIMフリースマホと格安SIMのセットが分かりやすくて安心👍

その回線で使える端末だけが選べるようになっているので、周波数帯など難しい知識は不要です。公式ページで端末を選んで、どのプランにするかを選択したら、そこから契約に進めます(^^)

また、特に端末へのこだわりが無いという人も個別に探すよりセットで販売している端末から自分に選ぶものを選びましょう。

 

mineoなら端末代も安い!セット価格を今すぐチェック

 

SIMフリースマホを自分で購入するのがおすすめな人

  1. MVNOのセット販売にない端末(最新のiPhoneなど)を使いたい場合
  2. より安くSIMフリー端末を買いたい場合

MVNOでセット販売しているものに欲しい端末がないという場合は自分でSIMフリースマホを探して購入するのがおすすめ。

特にiPhoneはどのMVNOでも少し古めの機種しか扱っておらず、最新のものを使いたい!という人は、Apple公式でSIMフリーのiPhoneを購入し、格安SIMをMVNOで契約するしかありません💦

 

また、MVNOでセット販売している端末でも、Amazonや家電量販店のほうが安いという場合は、端末は自分で購入して格安SIMだけをMVNOで契約するという方法でより安く済ませることができます。

 

SIMフリースマホを購入する場合はAmazonや楽天といったネット通販でも購入できますし、ヤマダ電機やヨドバシカメラといった家電量販店でも取り扱っています。iPhoneやiPadの場合はAppleでの購入が安心ですね。

 

ちなみに、こちらはAmazonでベストセラー1位の『UMIDIGI A3』という格安スマホ。値段は9,637円という安さです。

UMIDIGI A3 SIMフリースマートフォン 2 + 1カードスロット リア12MP+5MPデュアルカメラ フロント8MPカメラ グローバルLTEバンド対応 5.5インチ 両面2.5D曲線ガラス 2GB RAM + 16GB ROM(256GBまでサポートする) 顔認証 指紋認証 Android 8.1 AU不可 一年メンテナンス保証(グレー)
UMIDIGI

 

ただ、こういった格安スマホを自分で購入するときに注意したいのが、対応している周波数帯

SIMフリーのiPhoneなら、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線のどれを使ってもOKですが、Android系の端末はどの回線で使えるかを確認する必要があります。

さきほど紹介したUMIDIGI A3の場合でいうとドコモのLTE/3G対応、ソフトバンクのLTE/3G対応なので、このスマホを使う場合はドコモ回線の格安SIMか、ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶ必要があります。

というと簡単そうに聞こえますが、一部のバンドが対応していなかったりすると山間部で電波が入らなかったり、3G通話ができなかったり…ということが起きるので自分でAndroidのSIMフリースマホを買う場合は周波数帯をしっかりリサーチしましょう

 

初心者は難しいことにチャレンジしすぎないように!

格安スマホは携帯の料金を節約する手段としておすすめの方法ですが、携帯キャリアのようにショップで相談できるわけではないので、イレギュラーなことにチャレンジするのは避けましょう。

例えば、

  • ソフトバンクのスマホをSIMロック解除してドコモ回線の格安SIMで使う
  • SIMフリースマホを自分で買って大手携帯キャリアのSIMで使う

などなど、調べていると色々な方法がでてきますが、これらはちゃんとした知識がないとリスクを伴う方法です。

初心者の場合は、何か不具合が起きたときに途方にくれてしまう可能性があるので要注意。

 

だからこそ格安スマホについてあまり知識がなくて不安…という人は、今回ご紹介したような「想定された使い方」に沿って格安スマホを手に入れるようにしましょうね(*^-^*)

 

 

-格安スマホ・SIM

Copyright© ママの味方! , 2019 All Rights Reserved.