ママの困ったを解決!!

ママの味方!

格安スマホ・SIM

格安SIMで携帯代が年間で約17万円の節約に!家にWi-fiがある主婦にこそおすすめな理由

更新日:

格安スマホ(格安SIM)で家計を節約

「スマホ代って高いよな~」と思いつつ、手続きが面倒だからといって長いこと高い携帯料金を払い続けていませんか?

我が家もそうでしたが、よくよく考えると、食費と変わらない金額をスマホやインターネットにかけているんですよ。

マメ子

ねぇねぇ、ぐり夫。

2人のスマホ料金合計すると月に約2万円かかってるんだよね。

ぐり夫

そんなに?!少しでも安くできれば、子どものための教育資金や俺たちの老後資金にまわせるのに…

それに、俺のお小遣いも増えるかも。

マメ子

思い切って携帯キャリア解約しようか?なんか格安スマホが安いらしいよ。

あ、言っとくけど、お小遣いは増えないからね。

ということで、私たち夫婦は思い切って携帯キャリアを解約し、安いと評判の格安スマホに乗り換えたのですが、な・・・なんと!

スマホ代は以前の半分以下になったではありませんか!

 

夫婦2人で年間約17万円の節約に成功!

まず結論から言うと格安SIMにすることで年間168,000円の節約に成功しました!

「携帯電話の料金なんて、どこで契約しても同じでしょ・・・」と思っているなら、とても勿体ない💦

我が家もそう思って携帯料金は必要経費と諦めていたのですが、格安SIM(格安スマホ)にすることで、夫婦2人で月に2万円の支払いだったところが、6,000円まで減らすことができたんです。

 

新しいiPhoneを買えるほどの節約効果に驚き!

通話料金は月によって変動するので料金は一律ではありませんが、年間で換算すれば約17万円の節約です。

新しいiPhoneを購入できるほどの金額です✨

 

携帯キャリアで購入すると端末料金の割引が入るのでお得感がありますが、結局のところ機種代金とは別に6,000円~7,000円は利用料金を支払っているんですよね…。

格安SIMだと月当たりの支払いが2,000円()ほどなので、携帯キャリアの料金と比べると月々4,000~5,000円の差額があることに。

※データ(3GB)+音声通話プランの利用料と月に10分程度の通話の場合の金額です。

 

 

1年間で合計すると機種代を除いても、格安SIMのほうが6万円前後安いということになります。携帯キャリアの場合、端末代金が分割されている&24カ月の縛りがあるので、その間この携帯料金を支払い続けるとすると格安SIMと比べて12万円も多く支払うことになります。

携帯キャリアの料金プランはとても複雑なので、端末料金が安くなると感じてしまいがちですがしっかり計算すると料金でがっつり取られるので、そうでもないんですよね(´;ω;`)

携帯キャリアで受けられる端末代の割引を踏まえても、2年間払い続けると↓の図のような結果に。

上の図はiPhone7を購入した場合で計算してみました。格安スマホの場合、正規の値段で端末を購入することになりますが、それでもこれだけの差がでるほど、利用料金の占める割合が大きいというのがよく分かります。

 

携帯キャリアの違約金を払っても元がとれた!

私の場合、格安スマホへの乗り換えを検討した時期から、契約更新月まで10ヶ月ありました。

ここで気になるのが違約金

 

携帯キャリア特有の2年縛りは、契約更新月じゃないと違約金が発生するというのは、皆さんご存知ですよね?

だから、契約更新月まで待たないと損な気がしてしまいますが、計算してみると必ずしもそうとは限らないんです。

携帯キャリア同士での乗り換えだと料金設定がほとんど変わらないので契約更新月まで待つのがセオリーですが、「携帯キャリア→格安SIM」の場合は支払う利用料にかなり差がでるので、タイミングによっては違約金を払っても元が取れるケースが多いんです

 

私の場合は、auの違約金9,500円と、月額料金の差額5,700円×10ヶ月=57,000円(機種代を除く)を比較して、高い携帯料金を支払い続けるよりも、違約金を支払ったほうがお得だという結論に至ったので、契約更新月まで待たずに乗り換えることに決めました。

 

ただパパの場合は翌月が契約更新月だったため、契約更新月まで待ったほうがお得だったんですよね。

このように乗り換える時期によって契約更新月まで待った方がいい場合と、待たなくても良い場合があるので、まずは格安SIMでどのくらい利用料が変わるのかシミュレーションしてみましょう。

 

au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリアでシミュレーションできる!

 

Wi-fiが自宅にある人はかなり節約できるよ!

「スマホのヘビーユーザーは格安スマホ(格安SIM)にしてもあまり安くならない」

そんな噂を聞いたことはありませんか?

どれだけ使うとヘビーユーザーなのかは人によってとらえ方が違うので何とも言えませんが、我が家の利用状況は以下のような感じです。

 

パパママ
ひと月の通話時間0分/月60分/月
一日の4G通信時間120分/日0分/日
一日のWi-fi通信時間60分/日120分/日
格安SIMのデータ容量6GB3GB

パパは通勤時間にゲームをしたり、ネットニュースを見たりということが多いのでデータ容量は6GBで契約しているので私よりもちょっと高め。

反対に、家にいることが多い私の場合はスマホを使うことは多いけれど、4G通信をほとんど使わないため3GBで契約しています。というか外でほとんど使わないので、いつもデータ容量が余ります。

料金的には

  • ママ:2,000円
  • パパ:3,500~4,000円

といった感じ。

 

こうやって見てみると、自宅にいる時間が多い主婦のほうが、データ容量が少なくて済むので格安スマホにすることでかなりお得になるというのがよく分かります(*´▽`*)

ある程度外でもゲームやネットをするパパでも4,000円程度に収まっていますが、私たち以上にデータ通信や通話が多い人の場合はどうなのでしょうか?

 

ヘビーユーザーが注意したいポイント

データ通信が多い人の場合

4Gでの動画再生が30時間~40時間くらいの場合、データ通信量はあっという間に5GBに達してしまいます。

つまり、自宅にネット回線を引いていなくてスマホだけという人や、通勤時間に動画をよく見るという人は5GB~20GBの間のプランにする必要があるということ。

今回は私が利用している楽天モバイルauで料金を比較してみました(料金は2018年12月時点のものです)。

~5GB~10GB~20GB
楽天モバイル2,150円2,960円4,750円
au※6,480円7,480円

※auはピタットプラン(スーパーカケホ)の料金です。誰でも割(2年縛り)のみ契約した料金で、auスマートバリューやキャンペーン適用は考慮していません。

マメ子
10GB以上になると携帯キャリアと格安スマホで料金の差があまりなくなるね。

ぐり夫
格安SIMの場合はここに通話料金が加算されるから、10GB以上使っていて通話も多い人は携帯キャリアのままにしておいた方が安心だね。

 

通話が多い人の場合

次は通話料金について見ていきましょう。ここで言う通話とは電話を使った通話のことです。LINE通話やSkypeなどでの通話は含まれません。

通話料金は格安スマホも携帯キャリアも通常は20円/30秒です。楽天モバイルの場合は「楽天でんわ」を利用したかけ放題プランがあるので、そちらと比較してみましょう。

比較は~3GBの料金で行っています。

5分かけ放題10分かけ放題かけ放題
楽天モバイル+楽天でんわ×1,600+850

=2,450円

×
au5,480円×6,480円

auの5分かけ放題はスーパーカケホ、かけ放題はカケホの料金です。

分数が指定されているかけ放題は、どの会社でもその分数までは無料通話、それを超える場合は通話料金がかかるというシステム。

料金を比較して分かるのは、

  1. 1回の通話が10分以内なら楽天モバイル+楽天でんわのほうがお得
  2. 1回の通話が10分を超える場合は、携帯キャリアのかけ放題プランのほうがお得な可能性がある

ということ。

なぜ②を「お得な可能性がある」としたかというと、それは1回の通話時間や回数によって違うからです。

10分を超える通話でも、15分の電話が月に3回なら、楽天でんわの通話料金はプラス300円で済むので楽天モバイル+楽天でんわのほうがお得。

逆に、60分の通話が4回以上なら楽天でんわの通話料金はプラス4,000円なので携帯キャリアのかけ放題にしておいた方が安心です。

 

auの5分かけ放題と楽天でんわの10分かけ放題は似ていますが、実は無料通話分を経過してからの料金が違います

  • au:20円/30秒
  • 楽天でんわ:10円/30秒

 

このように、通話料金がこれだけ違うので完全なかけ放題にしないのなら、格安スマホのほうがお得だといえますね。

 

マメ子
通話が多いかも…と思う人は、乗り換え前に今の通話履歴で1回の通話時間、月の合計回数を確認しておこう。

ぐり夫
仕事で電話が必須という場合じゃない限り、電話じゃなくてLINE通話やSkypeに変更することで対応できるよね。

 

データ通信も通話も多い人はしっかり料金シミュレーションを!

 

データ通信も通話料金も、格安スマホのほうが携帯キャリアより安くなることが多いですが、使えば使うほど格安スマホも料金は高くなります。

ヘビーユーザーの方は携帯キャリアで支払っている料金や通信量、通話時間を元に、格安スマホの料金と照らし合わせてしっかり計算しておきましょう。

 

自宅Wi-Fiかつ通話をほとんどしない人は格安SIMのほうがお得!

いかがでしたでしょうか?ヘビーユーザーの場合についても見てきましたが、基本的に家のWi-Fiにつなぐことが多くて、電話もしない(通話はLINEやSkypeでOK)という人は格安SIMにすることでかなり節約になるはず!

携帯料金が高くて困っているという人は、ぜひ料金をシミュレーションしてみましょう(^^)/

 

au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリアでシミュレーションできる!

 

-格安スマホ・SIM
-

Copyright© ママの味方! , 2019 All Rights Reserved.