ママの困ったを解決!!

ママの味方!

学び・しつけ・習い事

子どもに包丁は何歳から使わせる?選び方のポイントや使い方のレクチャーまで

投稿日:

子ども用包丁

子どもが幼稚園ともなると、少しずつお手伝いもしてくれるようになります。うちの場合は、お料理への興味が強く、「自分も包丁やりたい!」と言い出したのをきっかけに、子ども用包丁を買ったのでそのお話です。

いつから子どもに包丁を使わせる?

我が家の場合は、3歳後半ころに包丁を使いたいと言い出したのですが、まだハサミの使いかたもおぼつかなかったため、しばらくの間は「包丁はもう少し大きくなってからね」と言い聞かせていました。

それから1年たち、4歳後半になった息子はハサミの使いかたも上手になったため、そろそろ包丁にチャレンジできるかな?と思い、子ども包丁を購入しました。

やはり、子どもに包丁を持たせるのは本人が興味を持ったときというのも大事ですが、ハサミがある程度使えるようになったころが目安ではないでしょうか。

だいたい4~5歳、器用な子なら3歳ころが目安です。

 

子ども用包丁選びのポイント

切れにくい包丁はNG

子ども用包丁には安全を考慮したプラスチック製の刃になっている包丁や、歯の部分がギザギザになっているものがあります。手を怪我しないようにと、こういった安全包丁を選びたくなりますが、本格的にお手伝いをしたい感じなのであれば、ちゃんと切れる刃の包丁を選びましょう。

切れ味があまりよくない包丁だと、包丁ならではの「押して切る」「引いて切る」ということができず、思いっきり力を込めて切ろうとしてしまいます。切れ味の悪い包丁に慣れてしまうといざ切れ味のいい包丁を使うときになって、思い切り力をいれてしまうので滑って怪我をしてしまう可能性があります。

ファーストステップとして安全包丁で慣らしてから、切れ味のいい包丁に買い替える場合も、使い始めはしっかりと注意してみてあげましょう。

年齢に合わせた設計、利き手を確認

子ども用の包丁は利き手もしっかり確認しましょう。

すべてひとくくりに「子ども包丁」なわけではなく、中には

  • 幼児
  • 小学校低学年
  • 小学校高学年

といった各年齢にあわせた設計になっているものもあります。やはりまだ慣れていない幼児には刃先と刃元が丸くなっていて、1センチほどは刃がついていない設計のものが安心。年齢が上がるにつれ、大人の包丁に近い使い心地のものにステップアップしていきましょう。

他の調理器具とセットになったものより単品買い

子ども包丁を選んでいると、子ども用の調理器具がセットになっているものも魅力的に見えます。子ども専用のものを用意したほうが、使いやすいかな?と考えてしまいますが、ピーラーやフライ返しといった調理器具は100均に行けば少し小さ目サイズのものが置いてあるので、そちらでも十分使えます。

セットものは包丁の種類を選択する余地がなくなってしまうので、やはり包丁は包丁で子どもに合ったものを選んであげましょう。

 

おすすめは正広(マサヒロ)の子ども包丁

我が家が子ども用の包丁として購入したのがこちらの正広(マサヒロ)の幼児向け子ども包丁。ワンポイントのイラストが可愛らしくて、いかにも子ども用包丁と言った感じですが、切れ味は大人用に引けをとらない本格派です。

この包丁の魅力は、右利き用左利き用、さらには年齢に合わせて幼児用、低学年用、高学年用と選べるところ。刃渡り13cmと子ども用にしては少し大き目なので、3歳未満のお子さんの場合はもう少し小さい包丁のほうがいいですが、幼稚園児であれば問題なく使えるサイズです。

実際、息子は幼稚園の年少さん(3学期ころ)から使っています。グリップも握りやすく、滑りにくい作りになっているのでお勧め。使いやすさのあまり子どもより大人の方がよく使っているなんて口コミもみかけます。

 

 

子どもに包丁を使わせる5ステップ

1、食事用ナイフで練習

まずは本物の包丁を使う前に、食事用のナイフ(ハンバーグやステーキを食べるときに使うもの)で少し練習をしておきましょう。

「包丁使いたい!」となった段階ですぐに包丁を与えるのではなく、まずは食材を「切る」という感覚をつかませておくのが大事です。バナナであれば食事用ナイフでも簡単に切れますよ。

2、包丁の使い方を教える

食事用ナイフで切る感覚をつかめたら、ホンモノの包丁にチャレンジ。でも、包丁を使ううえで大事なことを最初に教えておきましょう。

  1. 包丁の刃に関する注意
  2. 包丁の握り方
  3. 手の添え方(グーの手、ネコの手)
  4. 切り方(押して切る、引いて切る)
  5. 使っていないときの置き方

大人は経験上、包丁の刃がどちらについているかというのは分かっていますが、子どもにとっては初めてのことです。素手で触ってはいけない場所人に向けてはいけないこと振り回さないこと等々、包丁の刃は危険だということをしっかり教えておきましょう。

次に、包丁の握り方反対の手の添え方(グーの手、ネコの手)、切り方を教えます。

使っていないときは、怪我をしないように刃の部分を自分の体とは反対側に向けて体から遠い位置に置いておくことも教えておくといいですね。

 

また、子どもの場合調理台に届かないので、踏み台を使うことになりますが、なるべく滑り止め素材が足についている安定するものを選びましょう。ちなみにうちで使っているのはこちら↓木目調ですがアルミ素材なので軽くて持ち運びがしやすいので大人もよく使っています。

 

3、初級編:柔らかいものを切ってみよう

バナナを切る息子

使い方を教えたら、いざ本番です。まずは力を入れなくても簡単に切れる食材から切ってみましょう。ちなみに、おすすめの柔らかい食材は以下の通り。

 

おすすめ食材

バナナ

いちご

木綿豆腐

竹輪

魚肉ソーセージ

ハム

まだまだ包丁の使い方に慣れていないので、ママが後ろから一緒に包丁を握って「切る」という感覚を教えてあげましょう。慣れてきたら、少しずつ一人で切ることにもチャレンジ!

 

4、中級編:根菜以外の野菜や果物を切ってみよう

柔らかいものを切ることになれたら、固い根菜を避けて、葉物野菜や、リンゴやナシといった少し固めの果物にもチャレンジ!

おすすめ食材

りんご

なし

キャベツ

ほうれん草

きゅうり

水菜

 

5、上級編:根菜やお肉は慣れてきてからチャレンジ

固い根菜類は、無理に切ろうと力を入れすぎると食材が滑ってしまうことがあるので注意が必要です。お肉も、ぬめりがあって切りにくいので、ある程度慣れてからにしましょう。

おすすめ食材

じゃがいも

にんじん

大根

ササミ

 

意外と切りにくいのが、玉ねぎ、薄切り肉など。お肉にチャレンジするときは、鶏むね肉やササミなど、脂身が少なくて厚みがあるものからの方が切りやすいです。

 

親子で楽しくクッキングを

最初のうちは、手伝っているのか邪魔をしているのか分からない感じですが、少しずつ子どもも成長して、お料理らしくなってきます。最近では、お料理だけでなくお皿洗いも手伝ってくれるようになった息子

手伝ってもらうことよりも、慣れないながらも一生懸命に頑張る息子の姿は見ていてとても微笑ましいです。皆さんも、ぜひお子さんにぴったりの包丁を見つけて、楽しいクッキングタイムを過ごしてください。

※注意

小さいお子さんに包丁を使わせるときは、目を離さないようにしましょう。手元が危ないな~と思ったら、軽く補助してあげてください。

 

-学び・しつけ・習い事
-, ,

Copyright© ママの味方! , 2019 All Rights Reserved.