知らぬまに散らかっていくおもちゃ、おもちゃ、またおもちゃ…掃除機をかけようとすると、ウルトラマン人形やら、レゴブロックやら、出てくる出てくる。あれ?これは、パパの靴下・・・うん、見なかったことにしよう。できることなら、自分でお片付けできるようになってほしいと思うのが親心ですが、大人だって気を抜けば部屋を散らかしてしまいますよね。だからこそ「ちゃんと片付けなさい!!」と怒る前に、片づけやすい環境かどうかを見直してあげましょう。

お片付けはいつからさせる?

最初はママがおもちゃを出してあげたり、しまってあげたりしますが、成長してくると自分でおもちゃ箱のところに行き、好きなおもちゃを出すようになりますよね。私は、この「自分でおもちゃを出す」ようになるというのが、お片付けを意識し始めるタイミングなのかなと思っています

出したら片づける。

大人でも結構難しいんですが、これが一番の基本ですよね。

ご飯の前や、出かける前、寝る前など、遊びに区切りがつくタイミングで、お片付けを促す声掛けをしてあげましょう。

 

――○○ちゃんがご飯食べている間は、おもちゃもおうち(おもちゃ箱)で待っていてもらおうね~

――○○ちゃんお出かけするから、おもちゃはおうち(おもちゃ箱)でお留守番してもらおうか

――今日もいっぱい遊んだね!ねんねの時間だからおもちゃもおうち(おもちゃ箱)に戻してあげようか

 

などなど、『おもちゃはおもちゃ箱』ということを教えてあげます。

もちろん、最初のうちからできるわけではないので、最初は大人がやって見せることから。少しずつ、「○○ちゃん、ママ片づけるからそのお人形とって」など、子どももお片付けに参加させていきます。

子どもの目線になって考えてみよう!

私も最初のほうにやってしまったのですが、細かいおもちゃまでキレイに分類して収納していないでしょうか?これって、大人からしたら見た目にもキレイだし、一目でどこになにがあるか分かりやすいのですが、小さい子どもにとってはちょっと難しいんですよね。

引き出しに仕切りを作ったり、分類のためのボックスを用意したりしたものの、結局ちらかりっぱなし…なんてことも。

ある程度大きくなってくると、分類するのが楽しく感じたり、専用の置き場所が欲しいなど好みも出てきますが、それまではある程度大雑把な分類で、子どもが覚えやすいようにしてあげましょう。

  • 子どもが覚えやすい工夫をすること(色分けやシールで目印をつける)
  • おもちゃの定位置を決めてあげること
  • 子どもの目線から見える(届く)位置にあること

これらを意識すると良いですね。

スタックできるバケツで続けられるお片付けを




おもちゃの定位置を作ったとしても、よく使うおもちゃってずーっと使っているから出しっぱなしになってしまうんですよね。我が家の場合はウルトラマン人形と、レゴブロックがそうです。ついつい、「片づけなさい!」と言いたくなってしまいますが、ちょっと待ってください。

 

ーー大人も、よく使うものって出しっぱなしになってませんか?

 

私の場合は、読みかけの本は見えるところに出しっぱなしですし、パパはゲームやら漫画を棚の上にポンと置いています。あとは、良く使うハンドクリームや薬なんかも出しっぱなしになっていることが多いですね。これって、しまったほうがお部屋はキレイに見えるけど、使う度に出し入れするとストレスになってしまうんです。

子どももそれは同じですよね。よく使うから近くに置いておきたい。

これは、口うるさく「片づけなさい!」と言うよりも、よく使うおもちゃの置き場所を作ってあげると、お片付けがスムーズになります。おもちゃを片付ける場所には『お人形の場所』とか『プラレールの場所』といったカテゴリがあると思うんですが、そこに『よく使うおもちゃ』という分類を増やしてあげるんですね。

おすすめなのは、持ち手が付いている大き目のバスケットやバケツタイプの入れ物。おしゃれなデザインのものを選べば、ポイポイっと入れてそのまま置いておいてもスッキリした印象になります。蓋つきなら、中身も隠せるし、スタックできるので数が増えても重ねて置いておけますよね。

いつもは自分のお部屋で遊んでいるけど、ママがお料理している間はリビングにおもちゃを持って行きたい…なんてときも持ち手付きだと、そのまま運べるので便利。もちろん、お部屋に片づけるのも。

とくに2階建て、3階建てのお家だと、リビングと子ども部屋の往復って大人でも面倒ですよね。大人が面倒と感じるものは子どもも面倒に感じてあたりまえ。

家の中がおもちゃで侵食されて困っている…というご家庭は、持ち運べるおもちゃ箱を導入してみましょう!

 

お部屋が散らかりやすい人には「収納指数」の見直しも

 

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!