ママの困ったを解決!!

ママの味方!

お料理

【冬休み中】15分で子どものお昼ご飯!簡単ガパオライス

更新日:

子どもと二人っきりのランチはなるべく簡単なものが良い!でもうどんじゃお野菜とれないし、一品プラスしたほうが良いかしら…?なんて困ることってありますよね。そんな時は、タンパク質&緑黄色野菜が入った丼ものにしてしまいましょう!鳥そぼろを使った和風の丼ものも良いですが、ちょっとアジアンテイストにガパオライスなんていかがでしょうか?

15分というスピーディーさでできるガパオライス

お休みだからとのんびりしていたら、なんとすでに12時を過ぎている!なんてことはよくあること(;^_^A

そんなときは、うどんやラーメンなど麺類になることが多いのですが、いつも似たようなメニューばかり…子供が長期休暇のときは本当に献立が悩みのたねです。

マメ子
麺類じゃない簡単メニューってないかしら?

 

とクックパッドを徘徊していたら、ちょうどいい感じのメニューを見つけました。

 

  • ガパオライス(キッズバージョン)

 

はい、一品料理でございます。

独身時代に会社の先輩に連れて行ってもらったアジアンレストランで食べ、そのおいしさのとりこになった私。当時は、「家ではこんなの作れないよな~」なんて思っていたのですが、作ってみたら意外と簡単でした!

特に子どもも食べれる味付けの場合はナンプラーがなくても大丈夫なので、家にある調味料だけでできちゃいます(*^-^*)

【ガパオライスの材料】
  • 卵(目玉焼き用):2個
  • ひき肉(鶏または豚):150~200g
  • ピーマン:2個(小さめの場合)
  • パプリカ:1/2個
  • にんにく(チューブ):3cmくらい
  • 酒:大さじ1
  • しょう油:大さじ1/2
  • オイスターソース:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1/2
  • 乾燥バジル:適量
  • 油:適量

 

レシピ&15分で作りきるための流れ

では作ってみましょう!

子どものランチ献立

キッズ向けガパオライスの作り方
  1. まず小さめのフライパンで目玉焼きを作り始めます(写真1)。我が家は子どもが半熟嫌いのため、早めに作り出しますが、半熟好きの人は手順5あたりから作りだしてください。
  2. 次にピーマンとパプリカをみじん切りに(写真2、写真3)。
  3. フライパンに油を入れて熱し、まずはひき肉を炒めます。ある程度色が変わってきたらチューブのニンニクを入れ、香りをつけながらひき肉をさらに炒めます。
  4. 目玉焼きのフライパンを確認し、少し半熟感が残る状態で火を止めておきます。フライパンの余熱でガパオの具が出来上がるまでに程よく黄身に火が通ります。
  5. ひき肉の色が変わったら、2で切ったピーマンとパプリカを入れてさらに炒めます(写真4)。
  6. 4に酒を先に入れてアルコールを飛ばしたら、しょう油、オイスターソース、砂糖を入れてよく混ぜ合わせながら水分がなくなるまで炒めます。
  7. 最後に乾燥バジルを混ぜ合わせたら完成!
  8. レタスやベビーリーフがあれば、ご飯の上にのせ(写真5)、その上から7をかけます。最後に目玉焼きを乗せましょう(写真6)。

 

作るときのコツ&ポイント

今回のは1品料理なので、大したコツなどはありません!

しいて言うのなら、チューブのニンニク乾燥バジルを使う点。パーティーなどのおもてなしなら、しっかりとニンニクを買ってきてみじん切りにし、最初に炒めて香りを出したほうが良いですが、子どもとのランチでそこまでするのは面倒…ニンニクのみじん切りは手が臭くなるし…ということで、チューブタイプのニンニクの出番です👍

 

通常はひき肉を炒める前に、ニンニクや生姜を炒めて香りを出すのですが、チューブタイプで同じことをすると、「バチバチ」と油がはねてしまうので、ひき肉と一緒に炒めて香りを出すようにしています。

そして、バジル

自家栽培していればすぐに手に入るのですが、ランチのためだけに買うのは面倒だし、コストも高くなる…ということで、乾燥バジルが大活躍。我が家では、カプレーゼを作るときやパスタ料理でも、乾燥バジルに頼り切っています(*^-^*)

こんな感じのです↓

みなさんも、子供のランチメニューがマンネリしてきたらガパオライス作ってみてくださいね✨

 

-お料理
-,

Copyright© ママの味方! , 2019 All Rights Reserved.