洗濯ものって洗って、干して、取り込んで、畳んで、しまう…意外と工程が多くて面倒なんですよね。中でも畳んで仕舞うというのが億劫で、忙しい日が続くと洗濯物の山ができてしまいます。それを見るたびに「私って駄目主婦だわ…」と落ち込んでいたのですが、だったらとことんズボラに行こう!と開き直ったら家事が楽になったのでその方法をご紹介します(*^-^*)

洗濯ものをたたむのが面倒!を何とかしたい

もともと、「部屋が汚いのは嫌だけど家事はしたくない」という何とも面倒な性格の私。

掃除も料理も好きではないですが、中でも面倒なのが洗濯。子供が小さいと着替えが多くて洗濯物の量は多いし、洗濯機だけではどうにもならない汚れ(泥、絵の具、食べこぼし)があって、予洗いもまた面倒💦

 

洗濯機がやってくれるとはいえ、そのあとシワを伸ばして干して、取り込んで、乾いた服を畳んで仕舞う。こうやって書いているだけで面倒な気分になってきます。

 

乾燥機を導入すれば干す手間がなくなって楽ちんなのかもしれませんが、我が家にはそんな予算もスペースもありません。

夕方になると、洗濯もの取り込まなきゃ~畳むの面倒~って毎日思っちゃう。

 

忙しい日が続いたり、体調が悪くて畳むのをパスしたりすると、あっという間に洗濯物の山ができます。こうなると洗濯ものにシワがついちゃってアイロンがけが必要になったりして、より面倒に…。

洗濯物が山になっちゃうと一気にやる気がダウンしてしまうんですよね。

 

これを何とかしたい!と思ったズボラ主婦は考えました。

最大限に手を抜いて洗濯ものを畳まずに済む方法を。

 

ズボラだけど散らからない洗濯の時短術

では、洗濯が面倒な私が考えた洗濯の時短術はこちら。

洗濯物は基本的にたたまない

 

そのままでゴメンナサイ。でも、結局のところそこなんです。

畳みたくないんです!!

 

だから、どうやったら畳まなくても散らからないか考えました。

  1. シワになりやすいものはハンガーにかけたままクローゼットに仕舞う
  2. よく使う靴下・下着もハンガーにかけたままにする
  3. その他のものは取り込んだ時に軽く畳んでバスケットに分類

ほとんどのものをハンガーにかけたまま収納することで、確実に畳まなければいけないものはほとんどありません。

ちゃんと畳んでおくのは子供が幼稚園に持っていくもの、ハンカチくらいでしょうか?

 

では、どんな感じか見てみましょうか。

 

①しわになるものはハンガーにかけっぱなし

旦那のYシャツや私のおしゃれ着などは乾いたらハンガーにかけたままクローゼットに移動させます。以前まではハンガーが足りなくなるので、その都度畳む必要があったのですが、そもそも着ていない服が多い。

ということで断捨離を決行。

 

キレイなものはメルカリで売り、売れなさそうなものは発展途上国のために古着deワクチンに。下着類など吸収がいいものは使いやすい大きさに切ってダスターにしました。

 

服はクローゼットにかけられるだけに減らし、ハンガーもその数に合わせて買い足ししました。

 

そうしたら洗濯が終わると自然にハンガーも全部使われているので、ハンガーの収納も考えなくて良いように♪

服を外したハンガーがクローゼットに残るので、洗濯物を干すときにそこから回収します。

そもそもハンガーにかけといたほうがシワにならないし、なんで今まで畳むことにこだわっていたんだろう?

 

②よく身に着ける下着や靴下もハンガーにかけっぱなし

下着や靴下って、結構いっぱいある割に意外とローテーションは一部のものだけで回っていたりしますよね。

だから我が家ではよく使うもの以外は引き出しにしまい、使うものだけが出ている状態にしました。出ている状態というのはハンガーにかかっている状態ですね。

こんな感じで靴下や下着は人別(旦那用、私用、息子用)でハンガーを分けて、乾いたらこのままクローゼット行きです。これじゃハンガーが場所をとって邪魔じゃない?って思うじゃないですか?

でも、これとても便利なハンガーで、開いて使うことも、閉じて使うこともできるアイテム。

 

このピンチ付きのハンガーはたしかダイソーで買いました(*^-^*)

干すときは広げて風通しをよくして、しまうときはコンパクトに!最高のアイテムです。

 

③タオルやハンカチは分類用バスケットにポイ

ハンガーにかかっているもの以外は分類用のバスケットにポイして基本は畳みません。幼稚園に持っていくものやハンカチは外したその場で畳んで定位置へ。洗濯物を全部畳んでいたころに比べると、これだけならお茶の子さいさい(*^-^*)

我が家では分類用のバスケットにバルコロールを使っていて、白はタオル、ピンクは私、茶色は夫、水色は息子といった感じで色別で分類しています。

最近では息子に「洗濯物片づけて~」というと、自分の水色のバスケットに入っているものをタンスにしまったり、白色のバスケットに入っているタオルを畳む手伝いをしてくれます✨

 

厳密にいうとバスケットに入れっぱなしというわけではなく、いつかは畳んで引き出しにしまうんですが、まあタオルなんてものはシワになっていても使えるので…バスケットからそのまま取って使います。

でも、タオルくらいならあっという間に畳み終わるし、洗濯物は分類されてバスケットに入っているので洗濯物の山がめちゃくちゃ気になる!!という憂鬱な気持ちからは解放されました(*´▽`*)

 

ちなみに我が家が使っているバルコロールというマルチバスケットはカラーが豊富だし、サイズもS、M、Lがあるので用途に合わせて選びやすいのでおすすめです。洗濯物を入れるならMサイズがおすすめですが、色分けせずに全部いれるならLサイズという選択もありますね。

蓋があると中身が見えなくなるので洗濯物を入れるバスケットは蓋無しがいいです👍

 

完璧は目指さず最低限を見極めるのが時短のコツ

母がそうしていたからか、洗濯ものは畳んでしまうのが当たり前だと思っていました。でもそれって単なる思い込みなんですよね。自分のライフスタイルや大事にしたいことが明確なら、そのための方法は見えてきます。

我が家のように畳むのが面倒でストレスになる…やらなきゃと思ってイライラしてしまう…という状況を改善して、もっと楽しく毎日を過ごしたいのであれば、完璧を目指して毎日イライラしながら洗濯物を畳む必要はないんです。

クローゼットにかけてあれば着たい服を選びやすいし、自分の持っている服を一目で確認できるというメリットがあります(*^-^*)

自分が過ごしやすいように工夫するのが家事時短のコツかもしれないですね。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!