ママの困ったを解決!!

ママの味方!

おすすめ 妊娠・出産

産後に胸が垂れしぼんだ。授乳で頑張ったバストはしっかりケアしたら戻るのか?

更新日:

断乳・卒乳後のおっぱいケア

産後はホルモンバランスの影響を受けてママのカラダにはいろんな変化が訪れます。その中で私が女としての自尊心がめっためたにされたのが胸の悩み。そう、鏡に映った自分の体に驚きました。同じように授乳が終わり精魂尽き果てた可哀そうな胸をなんとかしたいと思っている人のために、私が行ったバストケアを書き綴っていこうと思います。

あのダイナマイトなバストはどこへ?授乳を終えて訪れる恐怖

妊娠・出産を経験するとホルモンがもたらす体の変化に何度も何度も驚かされます。妊娠前の私は控えめなお胸を携えておりましたが、妊娠するやいなや、なんと峰不二子もびっくりのダイナマイトなバストへと変貌をとげました。

 

そのダイナマイトなバストは出産を終えても衰えをしらず、私はこんな生活がずっと続くとおもっていました。

しかし、息子1歳の冬。職場復帰して9ヶ月が経とうというころ、私は細切れの睡眠に耐え切れず「断乳すれば夜も寝るようになる」という嘘か誠か定かではない噂を信じ、断乳を決意したのです。

結局のところ断乳は地獄でした。泣き叫ぶ息子を目の前に何度となく「やっぱり断乳なんてやめたほうが…」という誘惑が押し寄せます。

そんな魔の1週間を乗り切り無事断乳に成功しましたが、息子のおっぱいへの執着は増してしまい事あるごとにおっぱいをひたすら触り続けるという癖が幼稚園まで続くことになります。

 

さて、話はずれましたが断乳の大変さは皆さんも身に染みて分かっていることでしょう。

そんな大変な思いをした私に追い打ちをかけるような出来事が待っていたのです。

 

そう。

胸が枯れていく。

 

まさにこの表現がぴったりです。

断乳するまではピンとハリがあり(母乳でパンパンだったともいう)、ボリュームもあったあの胸がみるみるうちに何とも貧相になっていくではありませんか。

 

お風呂場で鏡を見た私は唖然としました。

これは…自分の力では得られないダイナマイトなバストを堪能した副作用かなんかなの?やはり代償を伴うってことなの?

その絶望たるや筆舌に尽くしがたいものでした。

 

さて劇場チックに語ってきましたが、現実的に私の胸に何が起こったかというと

  • しぼむ
  • 垂れる
  • 離れる

この3拍子がそろっていました。

まだ20代だというのにこの胸は悲しすぎるという思いが仕事をしていても頭のなかに浮かんでは消え、消えては浮かび…本気で悩みに悩みました。

胸は一度垂れたら戻らない?原因を調べて分かったこと

胸の悩みを抱えた私はネットで色々と調べてみました。そうすると出てくる情報には「一度垂れた胸は戻らない」の文字が。

うそでしょ…もう時すでに遅しなの?

と諦めかけましたが、胸が垂れる原因を見ていると当てはまる原因が多すぎて今度は将来への不安がつのります。

皆さんも胸が垂れる原因に思い当たることありませんか?

垂れ乳になる原因

  • ブラジャーのサイズを測っていない(合わないサイズのブラ)
  • 楽だという理由でブラトップを着用する頻度が多い
  • 姿勢が悪い(猫背、スマホを見る時間が多い)
  • 夜寝るときにノーブラで寝ている
  • 運動不足
  • 血行が悪い・冷え性

 

もしかしてこのままの生活を送っているともっと胸が残念な感じになっちゃう?

 

ということで状態が改善するかどうかは確かではありませんが、せめて今の状態を悪化させないように!という思いで色々と対策をしてみました。

 

バストをキープするためにやったこと

216386

では実際にどんなことをしたかというとこの4つ

  1. 空いた時間で胸を鍛えるエクササイズ
  2. 自分の胸に合ったブラジャーを買いなおした
  3. ナイトブラを買った
  4. 姿勢に気を付けた

実はこれ以外にも栄養バランスに気を付けたほうがいいとか色々と対策はあるのですが、全部をやり切るというのは継続できなそうだったのでこの4つを重点的に頑張りました。

 

胸を鍛えるエクササイズをした

胸の前で手を合わせて押し合うというのが、胸の筋肉を鍛えるエクササイズで有名ですよね。ということで、時間を見つけたらそういった胸筋を鍛える効果があるエクササイズを取り入れてみました。

朝起きてからヨガの太陽礼拝を5回行うなど、朝から体を動かすことで血流をよくすることも心がけつつ、ヨガのポーズの中でも美乳になるというものも取り入れていました。

  • ハトのポーズ
  • らくだのポーズ
  • 魚のポーズ

 

ヨガとかよく分からない…自宅でできるケアってどんなのがあるの?という人はこちらの本がおすすめ↓

美乳のための対策がとても分かりやすく書かれています。漫画付きでとても読みやすいので、産後の胸で悩んでいる人はぜひ読んでみてください(^^)/

 

自分のバストサイズにあったブラジャーを買いなおした

授乳中は授乳のしやすい専用のブラジャーを使っていたためワイヤーなしのゆったりブラに慣れ切っていたわたし。妊娠前のものはそのまま残しておいたのでそれを着用しても良いのですが、使っていない時期がかれこれ3年はあります。

試しに着用してみたものの、、、しっくりこない。

やっぱり胸がしぼんで小さくなったのかな?とちゃんとバストサイズを測りなおすためにランジェリーショップへ行きました。

そうするとどういうことでしょう。小さくなったと思っていた胸でしたが店員さんに計ってもらうと妊娠前より大きいサイズということが判明!でも、ブラを外すと貧相…

これはもしや胸が横に流れている???

それはそれでショックなのですが、とにかく自分の胸にあったブラを付けて胸のお肉を本来あるべき場所に戻すことを心に固く誓いました。

 

サイズの合わないブラは、胸の形を崩したり胸のお肉が流れたりします。食い込んで圧迫なんてしてしまったら、血流が滞って、肩こりや頭痛を招くことも。しぼんだ胸をこれ以上くずれさせないためにも、自分に合ったサイズのブラを付けるようにしましょう。

 

ナイトブラを買った

ということで買いなおしたブラを付けるときも、胸の近くのお肉を「あなたはこっちのお肉なのよ~」と言い聞かせながら寄せ集めてカップの中に入れてあげていましたが、情報を集めていると夜寝るときのノーブラも良くないのだとか…。

 

寝るときに締め付けがあると落ち着かないし…と思っていましたが、しぼんだ胸を鏡でみたときの絶望に比べたらそんなことはもうどうでもいい!

ということですぐさまナイトブラを購入しました。

色々とためしてみましたが、おすすめなのはこちら↓

 

美乳 de ナイトブラ 育乳ブラ

こちらは楽天でしか売っていないと思うのですが、カップをしっかりホールドする作りになっていてノンワイヤーなのにしっかり丸い胸がキープできる優秀なナイトブラ。

ナイトブラ比較サイトでは見かけませんが、楽天のレビューを見てもらうとその優秀さがよく分かると思います。というかナイトブラ比較サイトに載っているやつって楽天とかだとものすごい評価が低くてちょっと驚きますよね。

 

ジニエブラ

ノンワイヤーのブラとしてはテレビショッピングなどテレビでも見かけることもあり知名度の高いジニエブラ。最初に試したナイトブラがこちらなのですが、とにかく締め付けを感じないというのが凄いです。

ただ毛玉ができやすいというのがちょっと難点。私的には1位にあげたナイトブラのほうがホールド感もあり素材の感じも良かったのでジニエブラは2位としました。

 

ふんわりルームブラ

ナイトブラ比較ランキングの常連「ふんわりルームブラ」。可愛さを求めるならダントツでこれですが、アンダーの部分がホックになっていてその部分の締め付けが痒くなるときがありました。

アンダーにレースをあしらったデザインなのでその部分の触り心地が苦手という人もいるみたいです。

ただ、デザインは本当に可愛い。ので、他のナイトブラを使いつつ1枚くらい持っておくにはいいかも。

 

姿勢に気を付けた

最後のこれが一番難しかったです。とにかく授乳姿勢になれすぎて背中を丸める癖がなかなか治らなかった…そして妊娠出産で筋肉が衰えているため、なかなか姿勢をキープできないんですよね。

なので1番最初の「エクササイズ」にも通じる部分があります。

姿勢の悪さは血流も悪くするし、胸の形が悪くなるので、普段の生活でこまめに気を付けましょう。特にスマホを見ているときはついつい俯いて背中丸めて…となりがちなので要注意です。

 

諦めずにケアすれば美乳はゲットできる!

いかがでしたでしょうか?このケアを半年継続したところ、断乳後の残念なお胸からは脱出!しっかりとしたバストになりました。あの干からびたサツマイモみたいな胸は影も姿もありません。

しかし、どんなに頑張ってもやはり年々重力に負けているのか少しずつバストトップの位置は下がってきているような気はします。

それでも何もしなければあっという間に重力との闘いに負けるのは必至。授乳を終えて自分の胸がしぼんだな~垂れたな~と悩んでいる人は諦めずにできることを少しずつやっていきましょう。

 

諦めたらそこで終わり。。

そんな名言がありますね。

 

まさに胸の悩みとの闘いもそうです。1週間、2週間で効果が現れるものではありませんが、1年後、2年後の自分のために今からケアを始めましょう(*^-^*)

 

-おすすめ, 妊娠・出産
-,

Copyright© ママの味方! , 2019 All Rights Reserved.