ママの困ったを解決!!

ママの味方!

お掃除

片づけたのに散らかる!そんな時は“収納指数”を見直してみませんか?

更新日:

小さい子どもがいると、いくら片づけても、いつのまにかお部屋が散らかってしまっているということはありませんか?子どものおもちゃはもちろん、脱いだ服や、使ったハサミ、ハンドクリームなど、いつのまにか収納したはずの場所とは違うところにある…実は、散らかりやすいお部屋にありがちな癖というものがあります。今回は散らかりにくくするコツをご紹介します。

お部屋が散らかるときのチェックポイント3つ

1、ものが多すぎる

まず、大前提として収納スペースには限りがあります。収納家具を追加したとしても、収納できる量はある程度決まっていますよね。お部屋がなかなか片付かないという人は、収納できるスペース以上に「もの」があふれていないかチェックしてみましょう。

  • 引き出しの中がパンパンがなっていないか?
  • クローゼットや戸棚の中は、ものが積み重ねられて取り出しにくくなっていないか?

収納する場所がないのはもちろん、無理矢理つめこんで、スペースに余裕がない場合も収納の見直しが必要と言えます。取り出しにくい状態で収納しても、入れる場所がパンパンだと、一度出したモノを片づけるのが億劫になってしまいます。

まずは、断捨離を実践し、自分に必要なものを選別しましょう。断捨離と言えば、この本が有名ですよね!私も義母も愛読してます。

2、どこに何を置くかきまっていない

収納する場所に見合った量のモノしかないとしても、どこに何をしまうか決まっていないと、これも散らかる原因に。場所が決まっていれば、使う度にそこに戻すということが可能ですが、決まっていないとどうでしょう?出しっぱなしになりませんか?

家があるからこそ、帰ることができる。家がないと、あてもなくフラフラさまよってしまう。」ということになります。使う度に「これはどこにしまおうかな?」なんて毎回考えるのも面倒ですよね。収納場所を決めるというのは面倒な作業に思えるかもしれませんが、一度決めてしまえば、そこに片づけるだけ。探し物も楽になります。

文房具、書類、医薬品、封筒・便箋、学校のお便りなどなど、分類分けをしたら、収納場所を決めてあげましょう。収納場所を決めてものをしまうときには、ギューギューに詰め込むのではなく、ある程度余裕を持たせて、何が入っているか見やすい&取り出しやすいように心がけるといいですね。

 

3、使ったら出しっぱなしがクセになっている

ものはそんなに多くないし、しっかりと収納場所も決まっていて整理整頓ができている。それなのに、散らかってしまうのはなぜ?!という人は、使ったものを出しっぱなしにするクセがあるのかもしれませんね。

  • 脱いだ服はクローゼットへ
  • 読んだ本は本棚へ
  • 使った文房具は引き出しへ

使い終わるたびにしっかり片づけていれば、散らかることはほとんどありません。まず、普段から使ったものを片付ける習慣をつけるというのが大事ですが、実はきれいに整理整頓していても、「片づけにくい」収納になっている場合があります

これは単なる意識の問題ではなく、収納のせいで片づける億劫さが増している可能性が……

そういった状況を解消するには、収納指数を見直すのがポイント!ということで、使ったら片づける」が自然とできるような収納にするコツをチェックしていきましょう。

 

収納場所は使う動線に沿っていますか?

「スペースが空いているところにしまう」は間違い

整理整頓をするときに、この引き出しが空いているから、ここにしまおう!」なんて収納の仕方をしていませんか?それこそが、散らかりやすい原因かもしれません。

収納というのは、普段使うものをしまっておくという役割があります。そこには「物を出す」、「しまう」というアクションが必ず発生するので、実際の動線にあっていなければ、とても使いづらいものになるんです。

我が家の例でいうと、以前、リビングのテレビ台についている引き出しが空いていたので、そこに筆記用具やハサミなどの文房具をしまっていました。しかし、実際に使うのはダイニングのテーブルの上ということが多く、よく使うペンなんかはダイニングテーブルの上に置きっぱなしに。

よくよく考えてみれば、だれもテレビの近くで文房具は使わないんですよね。ダイニングテーブルで書類を書いたり、メモをしたりするときに、わざわざリビングまで歩いていき、文房具を取ってくる。それですら億劫なのに、さらに片づけるとなると、「また使うからこのままでいいか…」なんて考えがよぎり、そのままにしてしまいます。

つまり、使う場所の近くに収納するということが散らかりにくいポイントと言えます。

 

収納指数に応じた収納が散らかりにくいポイント

こういった、使いやすさを収納指数という指標にして、収納のコツを解説しているおすすめの本がこちら。

断捨離や収納術の本は数あれど、こういった内容の本は意外と少ないんですよね。ものをしまうという行為には「使うため」という大前提があります。これをついつい忘れてしまって、「片付けばいいや。見た目がすっきりしていればいいや。」という思考で収納してしまうから、散らかりやすい収納になってしまう。

この収納指数は先ほどご紹介した我が家の例のように、よく使う場所からの距離もありますが、ものを出すまでのアクション数も考慮されています。

例えば、引き出しを開けるだけなら収納指数は低いですが、さらに引き出しの中にケースが入っていて、そのケースの中から取り出さなければいけないという場合は収納指数が高くなる。つまり、収納指数が高ければ高いほど、取り出したり、しまったりするための動作が多いということになります

とても分かりやすい考え方ですよね。特に、自分は片づけるように意識しているけど、家族が出しっぱなしにする…という悩みを持っている人の場合、自然と出しっぱなしにしてしまう「片づけにくさ」があるのかもしれません。

 

あえて収納しないという選択肢

この本の中でも言及されていることですが、何でもかんでも収納してしまえばいいという訳ではありません。なぜかというと、収納する時点で、すでに収納指数が1アップしてしまうから。

我が家の場合、以前はリモコンなどを引き出しにしまうようにしていた時期がありました。リモコンにホコリがつくのが嫌だったのと、出しっぱなしにすることで、行方不明になることが多発していたから。でも、結局、家族の誰もしまってくれず、出しっぱなしになっているのを私が見つけて「もう~片づけてよ~」と言いながら引き出しにしまう…

今思えば、本当に非効率的ですよね。よく使うリモコンだからこそ、毎回しまうというのは面倒なものです。私の中では置き場所が決まっているので、その場所にないとイライラするというデメリットもあります。

こういったケースの場合は、もうあえて出しっぱなしにして収納指数を0にしたほうが、生活しやすい。だって、しまうためにイライラしてストレスをためていたら、なんだかもったいないですよね?

リモコンは使うためにあっるのであって、しまうためにあらず!

ということで、我が家は引き出しにリモコンをしまうのをやめ、ソファのサイドテーブルがリモコンの定位置になりました。こういったあえて収納しないほうが良いという考えも、『「収納指数」でわかる 片づく収納、片づかない収納 』の中で紹介されています。

 

子どものおもちゃも収納指数を見直そう

同じようなことが子どものおもちゃにも言えますよね。我が家の場合、子ども部屋は2階にあるのですが、基本的に1階のリビングダイニングで過ごすことが多いせいか、どうしてもリビングにおもちゃが散らかりやすい。子ども部屋に片づけるのも、階段を登るのが億劫だし、毎日のことなので本当に大変なんですよね。

同じように悩むご家庭は多いのではないでしょうか?リビングに子ども用のおもちゃ収納を本格的に設置しても良いのですが、ちゃんと自分の部屋があるのだから、我が家では

  1. おもちゃの置き場所は自分のお部屋
  2. リビングに持ってきたおもちゃは専用バケツにしまう
  3. バケツに入りきらなくなったら、使わないものをお部屋に片づける

というルールを設けました。使っているのは蓋つきの『スタックスト―』です。カラーが豊富なので、色分けしておもちゃを分類することもできますよ。

デザインもおしゃれなので、置いていても絵になる!それに持ち手付きだから、そのまま2階に持っていきやすいので気に入っています。

こういった蓋つきバスケットなど、子どもがいる家庭で使いやすい収納や家具なら「こどもと暮らし」がおすすめ。

みなさんも、散らかりやすいな~と思ったら断捨離だけでなく「収納指数」を見直してみてください♡

 

子どもにお片付けをさせたい人はこちらも

おもちゃの片付け
子供に「片付けなさい」は意味がない!片づけ苦手な親ができる声掛けの方法・コツとは

知らぬまに散らかっていくおもちゃ、おもちゃ、またおもちゃ…掃除機をかけようとすると、ウルトラマン人形やら、レゴブロックやら、出てくる出てくる。ついつい「片付けなさい!」と怒ってしまいがちですが、そう言 ...

続きを見る

 

-お掃除
-

Copyright© ママの味方! , 2019 All Rights Reserved.