オーブントースターがほしいけれど置くスペースに限りがあるという場合、縦型のオーブントースターはとても魅力的に見えますよね。私もその魅力にひかれて購入したのですが、使ってみて「これは失敗だったかも…」と後悔することに。今回はその失敗を生かして、これからオーブントースターを購入するという人向けに選ぶときの注意点をまとめました。

幅30センチ未満に置けるトースターがほしい

我が家のオーブンレンジは加熱水蒸気タイプのため、パンを焼くとなるとものすごく時間がかかります。そのため、オーブントースターを買おうということになったのですが、置ける場所がここしかありません。計ってみると26~28センチくらいのトースターじゃないと置けない感じです。

食パンを2枚並べて置ける横型のオーブントースターは小さいものでもだいたい30センチ以上になるので微妙な差でこの場所には置けません。

やっぱり諦めるしかないかな…と思っていたところ、種類は少ないものの縦型のオーブントースターというものを見つけました。幅も24~25センチと確実に置けそうです。

パンを焼く程度にしか使わないのでスチーム機能も不要なので、予算5,000円で検討した結果「アイリスオーヤマの縦型ミラーオーブントースター」を購入することにしました。

 

アイリスオーヤマの縦型ミラーオーブントースター購入

Amazonで購入したので翌日には届き、我が家のキッチンに仲間入りしたアイリスオーヤマの縦型ミラーオーブントースター。早速置いてみるとぴったり!というより、左右に少し余裕があるくらいで熱がこもる心配もなさそうです。

扉がミラータイプなので見た目もオシャレですっきりとした感じです。加熱時だけ中身が見えるという仕様なのですが、思ったほど中身は見えず…結局焼き具合は扉を開けて確認するしかなさそうです。これはちょっと残念なポイント。

 

ミラーオーブントースターの機能仕様はこちら

 

実際に使ってみた感想

  • 開けた状態でもミラーの反射でおしゃれなオーブントースター。やっぱり、見た目も大事ですよね。

    でも、見た目より大事なのが焼き具合です。使い勝手が悪ければ本末転倒…ということで早速試し焼き。

  • 焼くのは西友で売っているフランスパンのピザ。チーズが垂れそうなので受け皿を使って焼きます。

    食パンなら1段に1枚ずつ計2枚焼ける大きさなのですがフランスパンタイプなら1段に2個ずつ置けました。

  • 上下ともに良い感じに焼けてます。後日、食パンも焼いてみましたがキレイに焼けました。

    「さて、じゃあ食べよう」とパンを取り出そうとしたらアクシデント発生!とにかく取りづらい…手の甲がトースターに何度も触れてしまい、少し火傷してしまいました。

     

 

スリムなオーブントースターを選ぶときの注意点

高さを出すことでスリムな設計にしている縦型オーブントースターですが、高さがあるといっても2段に分ければそれぞれの高さは通常のトースターよりも低くなってしまいます。横幅も狭くなっているので、本体に手が当たりやすいというデメリットがあります。これは使ってみないと分からない点。

入れるときは狭くても何とかなりますが、加熱された後は庫内が熱くなっているので奥の方に入れたものを取り出すのがとても大変です。お餅なんかはひっくり返すのが大変で焼きにくかったです。

さらに盲点だったのが網のお手入れです。網が外せなくても掃除がしやすければいいのですが、先ほども言った通り、1段1段の高さが無いため、手をいれてお掃除がしにくい作りになっています。購入早々、夫がチーズを網に垂らしてしまい、すでに焦げ付きが目立ち始めてから後悔しました。

ということで、これからスリムなトースターを購入したいと思っている人に、選ぶときのポイント3つをご紹介します。

スリムなトースター選びのポイント
  1. 2段タイプは奥のものが取りにくい&掃除がしにくいので注意
  2. 網の取り外しができるほうがストレスなく使える
  3. スリムタイプは縦型だけでなく奥行タイプもある

スリムなものというと、私のように縦型の2段タイプに目が行く人もいると思いますが、奥行がある場所であれば、幅はスリムだけれど奥に広いタイプのトースターもあります

奥に広いとなると、それこそ奥のものが取りだしにくいのでは?と気になってしまいますが、👆この「ツインバードのスリムオーブントースター」は扉を開けたときに網の部分が少し傾斜するように設計されているので奥のものも取りにくくありません。

幅が21センチとかなりコンパクトですが、食パン2枚を並べて焼けるスペースがあります。網も取り外しできるのでお手入れもしっかりできそうです。取っ手の棒が取れやすいというレビューもありますが、この値段で加熱段階も4段階コンパクトな設計というのは他に見当たりません。

 

「レコルトのスライドラックオーブン デリカ」マットなカラーで可愛らしいデザインのトースター👆。白はちょっとレトロなオシャレさですが、他にも赤、黒と計3種類のカラー展開で、そちらはちょっとスタイリッシュな印象です。

先ほどのトースターと同じく奥行を広くとっているタイプですが、違いは網の部分がスライド式で取り出せるということ。持ち手が付いているので調理したものを網ごと引き出すことができます。

トースターの中に手を入れなくて良いのは嬉しいですし、お手入れも簡単。もちろん、食パンを2枚焼けるスペースとなっています。ただ、加熱は段階調節できず、1000Wのみなのでちょっとした温めにも使いたいという人には物足りないかもしれません。

 

買う時は掃除のしやすさも考慮しよう

今回は値段、焼き具合、スリムさにとらわれて掃除のしやすさは全く考慮していませんでした。やはり、調理した後に取り出しやすいか、汚れたらすぐに洗えるかというのも大事なポイントですよね。

ただ、すべてを兼ね備えたものはなかなか無いので、どこかで妥協は必要ですが・・・

ということで、これからオーブントースターの購入を検討している人は、庫内の広さやパーツの取り外しがどこまでできるかも確認ポイントとして検討してみてください💗

 

今回ご紹介したアイテムはこちら

商品名:アイリスオーヤマ オーブントースター トースト2枚 ミラー調 縦型

焼き具合は抜群ですが、縦型ということもあり庫内のスペースは狭め。網の取りはずしは不可。ただし、低価格でデザイン性は高く、3段階で加熱具合を調整できる点はとてもいいです。

商品名:ツインバード スリムオーブントースター

ミラータイプの扉で見た目もすっきりとしていて、奥行を広くとったスリムなトースター。奥行があっても取り出しやすい設計で網の取り外しもできるタイプです。加熱段階は4段階から選べる優れもの。

商品名:レコルト スライドラックオーブン デリカ

スライド式の網という他にない設計のトースター。奥行に広さを取っているのでコンパクト。お手入れはしやすいですが、加熱が1000Wのみです。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!