ママの困ったを解決!!

ママの味方!

共働き

育児・家事・仕事の両立に疲れた。もう限界!なワーママの辛さ軽減法

更新日:

家事育児仕事の両立

共働きをしていると、朝から夜まで休むことなく動いていることが多くて疲れている状態が当たり前になりがち。実は私も子どもを保育園に預けて復帰したばかりのころは酷い頭痛や肩こり、体のだるさが毎日続いていて自分の心と体にムチを打ちながらなんとか走り続けていました。でもそんなことを続けた結果、私は会社を休職するほどの体調不良に陥ってしまったんです。だからこそ、今まさに家事も育児も仕事も疲れた…というママは「辛くても何とかなる」ではなく、体の不調は見逃さずにすこしでも辛さを軽減する工夫をしてみましょう。

育児に家事に仕事…いつも全力疾走の働くママ

男女平等の時代といっても共働き家庭では未だに女性が担う役割は多いもので、朝から晩まで時間に追われている女性は多いのではないでしょうか?我が家の場合、いまでこそ家事・育児に積極的な夫ですが、子どもが生まれてすぐのころは全く当てにならず、ほとんどを私一人で家事・育児をこなしていました。

ぐり夫
めんぼくない・・・

 

ワーママの皆さん、こんな生活送ってませんか?

朝起きて洗濯物を干し、ごみを捨て、朝食、子どもの世話、自分の身支度、保育園への送迎。

通勤して仕事、昼休みには予防接種の予約をしたり、銀行の支払いなど溜まっている家仕事を片付ける。

仕事が終わって子どもを迎えに行き、買い物、夕食の準備、子どもを入浴させ、寝かしつけ。

そのあとは食器を洗って、洗濯物をたたみ、保育園の持ち物の準備に、お便りの確認など、息つく暇もない…

 

必然的に寝る時間も遅くなり、毎朝起きるたびに「起きるのしんどいな…」というのがデフォルトですよね。全部ちゃんとやらなければ!と全力で走り続けていた私は、いつしか不調の波にのみこまれていました。実は、頑張り過ぎてうつ病になってしまったんです。

 

同じように頑張っているママたちは大勢いるのに、なぜ自分はできないのか…とうつ病になってしまった自分を責めては落ち込み、より悪循環にはまっていったんですよね。うつ病と聞くと自分には関係のないことだと考える人が多いですが、ちょっとした不調でも、それが続くようであれば体と心からのSOSです

少し我慢すれば乗り切れる!とそのSOSを無視しないでください。「少し我慢すれば」の少しはいつまで続くのでしょう?子育てはまだまだ続きます。

まだ大丈夫、まだ大丈夫、を繰り返していると、気づいたら取返しのつかないことになっていた…なんてことになりかねません。これは私が身をもって経験したことです。

マメ子
毎日、全力投球・全力疾走をしているワーママのみなさん。少しの不調だからと見逃さず、自分の体からのサインに向き合ってみましょう。

 

疲れがとれないのは仕方がないことだと諦めてませんか?

これだけ毎日動き続けているのだから、疲れるのは仕方のないことと思っているあなたは注意が必要です。私も当時そんなふうに思っていました。睡眠時間は足りないし、一息つく暇もないし、疲れがとれないのも仕方ない…そうやって諦めていたんですよね。

 

雑誌などで見かけるバリキャリの人たちは、当たり前のようにこれをこなして、しかも責任ある立場にあったりして、ついつい自分ももっとできるはずと思ってしまいますが人それぞれキャパは違います。

 

現在の私は、うつ病の治療に専念するため会社をやめて在宅ワークで細々と稼いでいます。収入は少なくなりましたが、仕事をセーブすることで「心の余裕」と「疲れが溜まらない体」を手に入れました。

 

だからといって、皆さんに仕事をやめた方がいいというつもりではありません。今、疲れが溜まらない状況で過ごしてみて実感するのは、共働きで全力疾走していた当時がどれだけ疲弊した状態だったのかということです。

 

ずっと疲れた状態で過ごしていると、それがあたかも当たり前のように錯覚してしまいますが、

  • 寝ても疲れが取れない
  • 休み明けも体がだるい
  • 頭がぼーっとする
  • 階段を見上げると登るのが億劫に感じるほど体が重い
  • 楽しいという感覚が最近よく分からない

という状態は、かなり限界に近いということを認識してください。

 

この不調を打開するために重要なのが「睡眠」です。

 

ワーママの生活を楽にするというと

  • 家事を楽にする家電の導入
  • 家事代行の利用
  • 時短術・時間管理術を究める
  • たまにはさぼる

というのが一般的ですが、色々試しても疲れる状況が変わらないのなら、睡眠の質を見直してみましょう。

 

うつ病になって初めて私は自分の睡眠の質がとても悪いということに気づきました。しっかりと眠ると昼間の体力、思考力は全く違います

子どもが0~2歳のうちは夜泣きで夜中に何度も起きるのは避けられませんが、その生活に慣れてしまうのか、ぐっすり眠るというのがどんなものだったか分からなくなってしまうんです。私もそうでした。

だからこそ、体の不調が続いているのであれば、まずは「睡眠」を見直してみましょう

マメ子
自分では眠れていると思っていたんだけど、それって子供が0歳のときに比べたら睡眠時間が長くとれるようになったってだけで、実は不眠症だったことが判明💦

 

忙しいワーママでもできる睡眠の質をあげる方法

「そんなこと言っても、睡眠時間を削らないと家事が滞ってしまうじゃない!」という声が聞こえてきそうですが、体をこわしてからでは治療に何年もかかる可能性がありますし、下手をしたら私のように仕事を辞めなければいけないということにもなりかねません。

マメ子
ちなみにうつ病の治療中は、家事は一切できなかったですし、起き上がることすらままならず、お風呂にも入れない生活が続きました。

 

仕事、家事、育児をこなすとなると1日24時間では圧倒的に時間が足りない。かといって夫に「家事、育児を半分やってちょうだい」と言ったところで、今すぐに変われるかといったら難しい話です。

 

――結局、八方ふさがり…睡眠時間を削るしかないじゃない…

ってなってしまいますよね。

 

でも、ただただ睡眠時間を削るのではなく、睡眠の質を上げる方法を考えてみましょう。全力疾走している働くママの場合、脳がフル活動している状態なので睡眠の質が下がっている可能性があります。

 

例えば、寝る前にこんなことありませんか?

  1. 子どもを寝かしつけて寝落ちた後、夜中にもう一度起きて家事を終わらせる
  2. 寝る前に次の日の段取りや仕事のことを考えてしまいベッドに入ってから眠りにつくまで時間がかかる
  3. 寝る前にスマホでニュースやメールチェックをしてしまう

 

これって、本当に良くないんです。今日からすぐに見直すことをおすすめします( ;∀;)

 

対処法1:寝落ちしてもいいや!でイライラ撲滅

私も子どもが小さいうちは寝かしつけをした後、1時、2時に起きて家事をするということがあったのですが、これはほとんど眠っていないのと一緒です。しかも、子どもが寝たあとに家事をしようと思うと、なかなか寝てくれないときに「なんで寝てくれないの!」とイライラしてしまいます。

こういったイライラって子どもにも伝わっていて、イライラしているときほど寝てくれません。

幼児の寝かしつけ
幼児の寝かしつけ。遊びたくて寝ようとしない子どもに効果的な我が家の裏技

赤ちゃんのときは夜泣きが酷くてこの寝かしつけはいつまで続くんだろう…と先の見えない不安にかられていましたが、2歳になるとそんなことも少なくなり、夜がとても平穏に。と思いきや!3歳に入ったころから、「い ...

続きを見る

 

ですので、寝かしつけをするときは「一緒に寝てしまってもいいや」という気持ちでいましょう。夜中に起きる習慣もやめて朝早くに家事をするほうが、まとまった睡眠時間がとれて体も頭もすっきりします。

 

子どもと一緒に寝てしまおう!という気持ちでいれば、22時ころに寝て5時におきれば7間睡眠、4時起きでも6時間睡眠です。夜中に起きてぼんやりした頭で家事をするよりも断然はかどります。

 

対処法2:寝る前にいろいろ考えない

いつも疲れている状態だと麻痺してよく分からなくなってしまいますが、夜が最も体、脳ともに疲れています。だから悲観的になりやすいんですよね。寝る前に次の日の予定や仕事の段取りを考え始めてしまうと、次から次へと気になることが浮かんできて眼が冴えてしまったなんてことありませんか?私は毎日そんな感じでした。

せっかく早くベッドに入っても結局眠りについたのは明け方だった…なんてことも。酷いときだと、ベッドのなかでスマホとにらめっこして仕事の調べものを始めてしまったり。

 

これこそが睡眠不足の原因だと、今考えればいとも簡単にわかるのですが、当時はそうしなければいけないという強迫観念がありました。

 

仕事の延長でアドレナリンが出ているせいか、「やろうと思えばできそう」に感じてしまいますが、私たちが思っている以上に体と脳は疲れています。緊張モードが続いていればテキパキいろんなことを処理できてしまうんですが、仕事のままのテンションでいると脳をリラックスモードに上手く切り替えられません

寝るときは緊張モードでは脳がさえて眠りにつけないから、不眠の原因になってしまいます。

 

私と同じように夜寝る前に色々考えてしまうという人は以下のことを気を付けてみてください。

  • 寝る2時間前にはパソコンやスマホを見ない
  • 部屋の電気を暗くする
  • ハーブティーなどでリラックスする

 

ハーブティーはお好みのもので良いですが、1日中ストレスにさらされている働くママには、眠りをサポートしてくれるハーブティーがおすすめです。

 

マメ子
私も夜に飲んでいますが、かなり体のリズムが整えられて眠る前のリラックスにかかせません。

 

 

対処法3:寝る直前のスマホチェックはやめる

時間のないワーママにとって、寝る前は一人でゆっくり色々できる唯一の時間だったりしますよね。ついついベッドの中でスマホ片手にニュースやメールをチェックしたり、スケジュールを確認したり、買い物リストをつくったり…つい片手でできてしまうからやってしまいますが、これは睡眠の質を下げるNGな習慣です。

 

通常、寝る時間の2時間前からはブルーライトを浴びないようにしたほうがいいと言われていますが、ワーママにとっては結構きびしい条件…。せめて、寝る1時間前くらいまでにはスマホで確認すべきことは済ませてしまいましょう。

マメ子
意識してみると、寝る直前じゃなくて朝でも確認できることだったり、ただただSNSやニュースを眺めているだけだったりと、寝る前のスマホって必要に迫られていないことが多いんだよね。

 

むしろ予定確認やメールチェックは朝のほうが脳の疲れが取れているため考えがまとまりやすいですし、寝る前にあれこれ考えすぎて眠れなくなってしまうことを防げます。

 

1日のサイクルを見直してストレスを軽減させよう

生活リズムが不規則になり自律神経が乱れるとストレスにも弱くなってしまうと言われています。ストレス耐性というと、心の問題だと思ってしまいますが、生活のリズムもとても大事なんです。

 

昔は少しくらい生活が不規則だからといって大して違いはないだろうと高をくくっていたんですが、生活のリズムを見直してみるとその違いは明らかです。特に女性の場合はホルモンバランスの変化や、産後の不眠など、自律神経が乱れやすいと言われています

日々の忙しさで不調が続いているという人は睡眠の質を見直してみましょう。時間がないから無理と諦めている人こそ、自分の体からのSOSにしっかり耳を傾けてみてください。

 

私が愛飲しているおすすめハーブティー

 

夕飯作りが本当に疲れて無理…という人はこちらも

キットオイシックス
料理を時短したいママに!進化したキットオイシックスは離乳食~幼児の食育もできる食材宅配

子育てに奮闘中のママたちの悩みの一つが毎日のお料理。掃除や洗濯だってありますが、栄養バランスを考えたり、冷蔵庫の残り物を考えたり、前日のメニューとのバランスを考えたり…と頭を使う料理だからこそストレス ...

続きを見る

共働きママの作り置き
共働きママのお料理事情。週末作り置きは時短にならない?!

もうすぐ育休(育児休業休暇)が明けて職場復帰が目前というママにとって関心のあることの1つと言えば家事の時短術ではないでしょうか?そのなかでも、一番切実なのが毎日のお料理。雑誌やネットで上手にやりくりし ...

続きを見る

 

 

-共働き

Copyright© ママの味方! , 2019 All Rights Reserved.