ママの困ったを解決!!

ママの味方!

健康・病気

B型肝炎が定期予防接種に!接種スケジュールなどを再確認

更新日:

B型肝炎の予防接種

2016年10月からB型肝炎の予防接種が任意ではなく定期に変更となりました。今回は改めてB型肝炎がどのようなものか再確認したいと思います。すでに予防接種が一段落しているママや対象とならないママもぜひチェックしてみてください。

B型肝炎の予防接種の対象年齢

これまで任意接種だったB型肝炎ですが、すでに予防接種が一段落しているママや、任意だから接種しないことにしたママの場合、「いつ受ける予防接種だったかしら?」と感じる人も多いのではないでしょうか?かくいう私も、定期化のニュースを聞いて、「あれ?うちの子は受けられるのかな…」と思い、母子手帳を再確認。B型肝炎は全部で3回接種する予防接種です。接種のスケジュールは次の通り。

  • 1回目:生後2ヶ月
  • 2回目:生後3ヶ月
  • 3回目:生後8ヶ月

あれ?じゃあ4歳になったうちの子は受けられないのね…なんて思いつつ。そろそろ二人目を考えている我が家も他人ごとではありません。それに、定期化されるということは、それだけ重要な予防接種だということ。もし、これから受けても効果があるのだとすれば任意でも受けたほうがいいのかな?なんてことを検討中です。

 

2016年4月以降に生まれた赤ちゃんが定期の対象

この定期接種の開始は2016年10月からですが、2016年4月以降に生まれた赤ちゃんが対象となります。つまり、4月生まれの赤ちゃんは4ヶ月ほどずれて1回目の接種を行うわけですね。予防接種の間隔は以下のようになっています。

(1)水平感染予防

【接種間隔・回数】4週あけて2回、1回目から20~24週あけて1回目

引用元:感染症・予防接種ナビ

上記のことを加味すると、2016年4月~8月に生まれた赤ちゃんは次のようなスケジュールで接種することになります。

  • 1回目:2016年10月に接種
  • 2回目:4週あけて2016年11月頃に接種(正確には27日以上あける)
  • 3回目:1回目から20~24週あけて2016年2月~3月頃に接種(正確には139日以上あける)

 

B型肝炎ってどんな病気?

B型肝炎はどこが怖い?その症状とは

B型肝炎ウイルスは乳幼児期など年齢が低いほど持続感染する可能性が高い病気とされています。この持続感染というのは、6ヶ月以上の期間、血液中にそのウィルスが存在し慢性的に感染している状態のことをいいます。

では持続感染するとどうなるのでしょうか?自覚症状のない無症候キャリアとなることが多いようですが、一部の人は次のような症状が出るとされています。

慢性肝炎肝線維症肝硬変肝細胞がん

これが成人で感染した場合は約90%が一過性感染で完治するとされているのですが、乳幼児期~5歳にかけて感染した場合は25%~50%の確率で持続感染すると言われているので、0歳児期に予防接種をする必要があるというわけなんですね。

(参考元:子育て応援団 / 肝炎.net

一過性感染の場合

潜伏期間:1~6ヶ月

症状全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐、褐色尿、黄疸

経過:症状がひどくならなければ、数週間で回復過程に入りますが、中には肝不全を起こし劇症肝炎に至る場合があります。

(参考元:肝炎情報センター

持続感染の場合

生後数年~十数年間は自覚症状のない無症候キャリアとして過ごしますが、思春期を過ぎてから免疫が発達するとリンパ球によりB型肝炎に感染した肝細胞が攻撃され、肝炎を発症します。多くの場合、重い肝炎にはなりませんが10~20%の割合で慢性肝炎となり、肝硬変、肝がんのリスクが増えます。

(参考元:肝炎情報センター

 

どこから感染するか分からないから怖い病気

このように、B型肝炎に感染していても持続感染の場合は自覚症状もないので、誰が感染しているかわからない病気です。これまでは母子感染(垂直感染)に焦点があてられ、母親が感染している場合は出産後すぐに母子感染予防の対策がとられてきました。

しかし近年、無症候キャリアとの接触による乳幼児の感染事例があり、水平感染の予防も重要視されるようになったようです。

 

対象年齢を過ぎている場合はどうする?

最近は性交渉により若者の感染が増えているため、無症候キャリアからの感染確率が上がっているとされています。それもあっての予防接種の定期化なのでしょうが、我が家のように任意接種だからといって接種せずに2歳、3歳、4歳、、、となったお子さんの場合はどうしたらいいのでしょうか?

どうしても受けさせていないのが気になる、心配だという場合は今からでも受けさせれば多少は効果があるようです。多少というのは、やはり乳幼児で接種したほうが免疫を獲得しやすいからだそうです。

悩んでいる人は一度かかりつけの小児科医に相談してみましょう

 

-健康・病気
-

Copyright© ママの味方! , 2019 All Rights Reserved.